知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板


初期ギリシャ哲学:ソクラテス以前の哲学者たち


タレス:最初の哲学者

ピタゴラス:合理と非合理

ヘラクレイトス:万物流転の思想

パルメニデス:形而上学の創始者

エレアのゼノン:逆説と詭弁

エンペドクレス:多元論的世界観

アナクサゴラス:ヌースの原理

レウキッポスとデモクリトス:原子論的世界観

プロタゴラスとソフィストたち


        タレスの肖像 
          




ギリシャの哲学思想は、西洋哲学二千数百年の歩みにとっての土台をなしている。

それはタレスに始まるイオニアの自然学の伝統と、ピタゴラスらイタリアの徒と呼ばれる人々の知的営みを二つの大きな源泉として発展した。

タレスらイオニアの自然学は、世界の存在のそもそもの始まり、アルケーとは何かについて思索した。それはデモクリトスの原子論に至って一つのピークをなしたが、今日の目からみれば、素朴ながら科学的な思索にたったものだったといえる。

これに対して、ピタゴラスらイタリア学派と呼ばれるものは、人間の認識過程により重きをおいて思索をなした。

ここでは初期のギリシャ哲学の思想の流れを、ソクラテス以前の代表的な哲学者たちを取り上げながらたどっていきたい。





HOME







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである