知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




フッサールと新カント派:西洋哲学史


19世紀の末に、カント・ルネサンスというべき現象が起った。これを哲学史上新カント派の運動という。フッサールもその運動につながると考えてよい。フッサールの提起した現象学は、カント同様に意識の所与としての現象から出発し、それをどのように高度の認識に高めてゆくかを課題とした限りにおいて、カントの提起した枠組の中で思考したといってよい。異なるのは、カントが不可知な存在としての物自体を想定したのに対して、新カント派やフッサールは、それを脇へ置いて、つまり棚上げして、現象をして語らしめるという態度を取ったことにある。ここではフッサール及び新カント派の思想について、取り上げて考えてみたい。



(フッサールの肖像)


ヨーロッパの学問の危機と先験的現象学

廣松渉のフッサール批判
廣松渉のマッハ論


HOME








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである