知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板


ライプニッツ:西洋哲学史


ライプニッツ Gottfried Wilhelm Leibniz(1646-1716)は、ドイツが生んだ最初の大哲学者である。ドイツ人はライプニッツ以前にもヤコブ・ベーメとマルチン・ルターという偉大な思想家を生んではいるが、体系的な哲学を展開したのはライプニッツが始めてである。以後ドイツ哲学は多かれ少なかれ、ライプニッツの影響を蒙った。

ライプニッツは、デカルトとスピノザの提出した実体という概念を究極にまで突き詰め、モナドというユニークな概念を提出したことで知られる。これは現代の読者には奇妙にも受け取れるが、実体というものの定義をもっとも完全に近い形で現したものである。

ライプニッツはこの概念をもとにして、壮大な観念論哲学を構築した。以後ドイツの哲学はライプニッツの体系に呪縛されたように、観念論の世界を逍遥するようになる。

ライプニッツは、数学や力学の分野でも、目覚しい業績を上げている。微分積分学の理論は、ニュートンの方が先に思いついたとはいえ、今日におけるフレームワークはライプニッツが用意したものである。また論理学は、生前公開はしなかったが、今日の記号論理学に通じるものをもっている。



ライプニッツのモナド
ライプニッツとニュートン
ライプニッツの論理学
ライプニッツにおける存在と論理
ライプニッツの神




HOME






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである