知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




カール・シュミットを読む


逆説的な表現で民主主義を批判し続けたカール・シュミット。その思想は、民主主義の危機が高まる今日においてこそ、重大な意義を持つのではないか。カール・シュミットは、民主主義と自由主義の理念とは、歴史的にいっても密接な関係があったわけではなく、理念的にも何ら必然的な関係があったわけではない。そんな二つの政治学上重要な理念が何故結びついたのか。カール・シュミットはその理由を探りながら、民主主義の本質について、原理的な考察を深めたのだと言える。



政治的なものの概念:カール・シュミットの友・敵理論
カール・シュミットの民主主議論
カール・シュミットの議会主義批判
カール・シュミットの大衆民主主義論
カール・シュミットのルソー批判
カール・シュミット「政治的ロマン主義」
カール・シュミット「政治神学」
カール・シュミットの独裁論
シュミットのモンテスキューとルソーについての見方
カール・シュミットの戒厳状態論
大統領の独裁:シュミットのワイマール憲法第48条解釈
仲正昌樹「カール・シュミット入門講義」その一:政治的ロマン主義
仲正昌樹「カール・シュミット入門講義」その二:政治神学
仲正昌樹「カール・シュミット入門講義」三:政治的なものの概念
カール・レーヴィットのシュミット批判
デモクラシーの本質と価値:ケルゼンの民主主義論


HOME内容へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである