知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板


ルネ・デカルト:西洋哲学史


西洋の近代哲学はルネ・デカルト Rene Descartes に始まる。デカルトは哲学を思弁ではなく、経験に立脚させた。そして哲学する人間をひとりの個人として発見した。デカルトの有名な命題「我思う、故に我あり」は、哲学を人間の意識の上に基礎付けるものとして解釈されているが、この意識の担い手としての個人は、哲学の主体としてはデカルト以前には存在しなかったものである。しかしそれはデカルト以後においては、あらゆる哲学の端緒となった。この意味で、デカルトは近代哲学の出発点を定めたのだといえる。

しかしそれは同時に、哲学を認識論の狭い枠組みの中に閉じ込める端緒ともなった。それは世界を人間の認識作用の随伴者と見る、近代哲学特有の態度に基礎を与えたのである。

だが意識と存在との間には、大きな溝が生じることともなった。この溝は、近代哲学にとって、越えるべくして容易には越えることのできない、巨大な課題となった。デカルト以後のあらゆる哲学者たちは、この溝を埋めるために格闘してきたともいえるのである。

これを筆者は、西洋近代哲学のテーゼは「意識の呪縛」との戦いだったと総括している。



西洋哲学におけるデカルトの位置
デカルトにおける学問の方法
デカルトのコギト Cogito ergo sum
デカルトの二元論:精神と物体
デカルトの情念論
自然科学者としてのデカルト
デカルトにおける神の存在証明



HOME







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである