知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




カフカを読む


カフカは20世紀文学に巨大な足跡を残した。カフカ以降の文学は決定的にカフカを意識していると言えるほど、カフカの呪縛に取りつかれていると言ってよい。そのわりにカフカの文学の分析は進んでいない。それ以上にカフカの生き方は謎のままであるし、彼のその生き方と彼の小説とがどのようなかかわりをもつのかも明らかにされていない。カフカという存在が深い謎に包まれているせいだろう。そんな謎多きカフカを筆者なりの視点から読み解いていきたい。


カフカ「変身」を読む
カフカの短編小説
カフカの寓話
カフカ「アメリカ」
カフカ「火夫」
オクラホマの野外劇場:カフカ「アメリカ」
カフカ「審判」を読む
審判の中の女性たち
ディストピアとしての官僚制社会:カフカ「審判」
掟の門:カフカ「審判」
カフカの「城」を読む
フリーダとベーピー:カフカ「城」を読む
オルガとアマーリア:カフカ「城」を読む
アルトゥールとイェレミーアス:カフカ「城」を読む
マイナー文学:ドルーズ&ガタリのカフカ論
ボルヘスのカフカ論
ブランショのカフカ論


HOME| 世界の文学








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである