知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




和辻哲郎を読む


和辻哲郎は、今でも若い読者を多く引きつけている。哲学者としてはめずらしいし、また日本の哲学者としては余計にめずらしい。日本の哲学者としては、西田幾多郎がまず挙げられるが、西田の文章はむつかしすぎて、なかなか近づきがたい。そこへゆくと和辻は、やさしい文章で、事柄をやさしく説明してくれるので、高校程度の学力があれば十分に読みこなせる。

しかも、和辻哲郎の取り上げているテーマが、日本人にとって身近な事象であることも、その人気の秘密と言える。無論和辻は哲学者を標榜するものとして、哲学的なこむつかしい議論もしているが、そうした議論を別にして、彼が日本文化について論じているところは、我々現代の日本人にも非常に身近なものだし、またそれを語る和辻の文章も非常にわかりやすくて、しかも魅力的だ。

ここではそんな和辻哲郎の、西洋流哲学者としての側面と、日本文化紹介者としての側面を、バランスよく目配りしながら、取り上げてみたいと思う。



人間の学としての倫理学:和辻哲郎の人間論
和辻哲郎の存在論
和辻哲郎の風土論
和辻哲郎の日本礼賛
和辻哲郎「日本精神史研究」
和辻哲郎の平安文学論
沙門道元:和辻哲郎の鎌倉仏教論
道得と葛藤:和辻哲郎の道元論

戸坂潤の和辻哲郎批判
熊野純彦「和辻哲郎」


HOME日本の思想内容へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2017
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである