知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




フランス現代思想


日本の哲学業界は、明治維新以降に成立した分野であるが、基本的には西洋思想を輸入して、それに多少の付加価値をつけることで成り立ってきたようなところがある。その輸入元は、1945年の敗戦を挟んで激変した。敗戦以前における日本の哲学業界はドイツを主な取引先にしていたのだが、敗戦後はもっぱらフランスと取引するようになった。取引先であるフランスの思想は、日本の需要によく応えたが、それはフランス現代思想と呼ばれる商品が、日本のみならず世界的な名声を得ていたことにも関係しているのだと思う。

戦後の日本が輸入したフランス現代思想は、サルトルの実存主義に始まり、レヴィ・ストロースらの構造主義、そして構造主義を乗り越えたという触れ込みで入ってきた所謂ポスト・構造主義と呼ばれるものまで、切れ目なく話題を提供してきた。フランス現代思想が世界の思想界を席巻したのは、こうした事情が大いに働いている。ここではそんなフランス現代思想の一端なりとも、読者諸兄に味わって欲しいと思う。



サルトル
 サルトルの短編小説
 嘔吐:サルトルの哲学小説
 私と他者:サルトルの対他存在論
 サルトルのサド・マゾ論議
 アルトナの幽閉者:サルトルの戯曲
 サルトルのフォークナー論
 相克と協働:廣松渉のサルトル批判

メルロ=ポンティ
 廣松渉のメルロ=ポンティ論

レヴィナス
 レヴィナスと愛の現象学
 レヴィナスの他者論

 ドルーズのサド・マゾ論


HOME








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである