知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




本居宣長を読む


本居宣長は、日本の生んだ最初の独創的な思想家と言える。この場合独創的というのは、純日本的と言うくらいの意味だ。丸山真男が指摘するとおり、日本人は古来、外国から輸入した思想で間に合わせる傾向があったが、本居宣長は外国思想の影響を殆ど感じさせない。そこが純日本的という所以である。

本居宣長は、その純日本的な思想を、中国の学問やインド仏教など、外国思想との対決の中から発展させた。本居宣長にとっては、外国人特に中国人の思想は人間の本性に反したもので、それを受け入れることは堕落以外の何ものでもない。日本人には日本古来のおおらかな思想の体系があるのであって、それをきちんと評価することこそが、日本人としてのあるべき姿だ、そう宣長は考えた。彼の国学はこうした考え方から生まれたものである。


本居宣長によれば、日本人のものの考え方・感じ方の基底にあるのは、「もののあはれ」を尊ぶ心である。それは時に女々しさの様相を呈することもあるが、「もののあはれ」とは人間の自然の本性をいうものであるからして、多少女々しさがあるからといって、それを恥じることはない。中国人が女々しさを軽蔑するのは、彼らが朴念仁である証拠である。また、中国人は、人間をその本来ののびのびしたあり方かから離し、小うるさい道徳とか法律で束縛しようとする傾向が強いが、それは彼らが本性上悪人であるからにほかならない。本性上善人である日本人には、そんなものは必要ない、そう本居宣長は主張するのである。

こんな具合に本居宣長は、いいにつけ悪いにつけ、日本的なものにこだわったのであった。ここでは、そんな宣長の思想の一端に触れてみたい。



本居宣長のもののあわれ論:「石上私淑言」
うたふ、よむ、ながむる:本居宣長「石上私淑言」
やまと考:本居宣長「石上私淑言」
本居宣長の源氏物語論「紫文要領」
本居宣長の平安時代礼賛
本居宣長「排蘆小船」
本居宣長「宇比山踏」
本居宣長「直毘霊」
呵刈葭(一):本居宣長と上田秋成の論争
日の神論争:呵刈葭(二)

徂徠と宣長:野口武彦「荻生徂徠」

丸谷才一の本居宣長論
石川淳の本居宣長論



HOME日本の思想内容へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである