知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板




ベンヤミン(Walter Benjamin):西洋哲学史


ヴァルター・ベンヤミン(Walter Benjamin (1892.7.15 - 1940.9.26)は、第一次世界大戦後のドイツを活動の中心にして、独自の思想を展開した。彼自身は、自分の思想を史的唯物論だと自己規定しているが、必ずしも史的唯物論と言う規定性で片付けられないものを持っている。史的唯物論は、基本的には未来を切り開くというスタンスに立っているのに、ベンヤミンがこだわったのは過去だからだ。彼は、徹底的に過去に拘り、歴史の中に埋もれてしまった過去の栄光の残差を、現在に浮かびあがらせようとした。その点で、マルクス主義の主流とはちょっと外れるところがあったし、また、当時流行していた哲学思想の主流とも異なるところがあった。つまり、思想の歴史上、極めてユニークな存在なのだ。どこがどうユニークなのか、このサイトでは、その辺を中心に論じていきたい。



運命と性格:ベンヤミンの初期思想
神話的暴力と神的暴力:ベンヤミン「暴力批判論」
純粋言語:ベンヤミン「翻訳者の課題」
理念、モナド、星座:ベンヤミン「認識批判序説」
複製技術の時代における芸術作品:ベンヤミンの芸術論
ベンヤミンの映画芸術論
史的唯物論とユダヤ神学:「歴史の概念について」
歴史の天使:ベンヤミンの歴史意識
ベンヤミンのパサージュ論
ベンヤミンのカフカ論
ベンヤミンのシュルレアリズム論
ヴァルター・ベンヤミンのボードレール論
プルーストとボードレール:ベンヤミンのオーラ

ハンナ・アーレントのベンヤミン論



HOME内容のページへ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである