知の快楽 哲学の森に遊ぶ
HOMEブログ本館東京を描く英文学ブレイク詩集仏文学万葉集漢詩プロフィール掲示板


ハイデッガー:西洋哲学史


マルティン・ハイデガーは20世紀最大の知的インパクトを持った思想家である。偉大な思想家がそうであるように、ハイデガーもまた、非常に評価の別れる人である。だが、彼を評価する者も批判する者も、その思想のインパクトの大きさを認める点では共通している。

ハイデガーは、サルトルらの実存主義に決定的な影響を及ぼしたほか、構造主義にも、またポスト構造主義にも大きな影響を及ぼし続けた。ある意味、二十世紀の哲学は、ハイデガーへの注釈のような観を呈しているともいえる。ハイデガーのどこに、そうした牽引力があるのか。ここでは、そのことを追求したい。



ハイデガーのブラック・ノート

本来性という隠語:アドルノのハイデガー批判
仲正昌樹「ハイデガー哲学入門―存在と時間を読む」
廣松渉のハイデガー論


HOME








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである